スポンサードリンク

顔のたるみ、ほうれい線に改善効果があると話題になり、継続して人気が続いているカッサマッサージですが、自分でカッサマッサージを行うには2つの道具が必要となります。一つは、お肌にあててマッサージをするための、カッサプレートです。もう一つが、マッサージを行う時の潤骨材です。主に、オイルがおすすめのようです。しかし、オイルと言っても、種類が豊富で、どのようなものを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。マッサージの効果を最大限に得たいと思ったら選ぶオイルにも気を使いたいと思ってしまいます。そこで、どのようなオイルがマッサージに適しているのかをまとめてみました。
顔のたるみ改善効果を期待できるとして、カッサマッサージが話題になっています。芸能人の方も、忙しい日々の中、時間を作ってセルフでマッサージをしていると言います。さて、その話題のカッサマッサージってどんなものなのでしょう?簡単にできるものなのでしょうか?気を付ける点などあるのかしら?ということについてまとめてみました。
顔のたるみ、ほうれい線を改善したいと言う目的で、自宅で行うセルフマッサージの一つとしてカッサマッサージが話題になっています。カッサマッサージを行うには、2つの道具が必要です。一つは、肌を傷めないための潤骨油です。滑りが良いものであれば何でも良いと言われています。もう一つの道具が、カッサプレートです。マッサージを行う時に、板の様なカッサプレートを肌にあてて、プレートを動かすことで、リンパの流れが良くなります。カッサプレートがない場合は、陶製のレンゲでも代用できます。さて、そのカッサプレートは、カッサマッサージの人気が出るとともに、カッサプレートの種類も増え、様々なカッサプレートが出ています。その...